フリーターに確定申告が必要になるケースとは?確認すべき注意点とは

確定申告はフリーターにはあまりなじみがなく、自営業やフリーランスの人が税金を納めるために利用する手続きといったイメージが強いものです。

もちろんその印象も間違ってはいませんが、場合によってはフリーターでも確定申告が必要になるケースがあります。確定申告といえば自営業の人のものでしょ?とは思わず、自分に確定申告は必要なのか、フリーターならしっかり確認しておく必要があります。

そこで今回は、フリーターでも確定申告が必要になるケースについて解説しながら、手続きの注意点などをご紹介していきたいと思います。

おすすめの就職・退職代行サービス

フリーターでも必要な可能性あり?確定申告とは

確定申告は、前年の1月から12月までの所得を申請して、必要な税金を納める手続きのことを言います。

主に確定申告を利用するのは個人事業主、自営業、フリーランスといった自分で事業を行っている人で、一般の会社員やアルバイト、フリーターは、あまり確定申告の手続きはしないものです。し働き始めてから定年になるまで、確定申告は一切したことがないという人も少なくはないでしょう。

では自営業やフリーランスの人にはなぜ確定申告が必要で、フリーターも含めた一般的な会社勤めの人にはなぜ確定申告は必要ではないのでしょうか。

それは会社の源泉徴収が主に関わってきます。一般サラリーマンや公務員、フリーターなどは、会社から税金を徴収されるかたちで税金を納めています。これが源泉徴収と呼ばれる仕組みになりますが、源泉徴収されていれば基本的に会社勤めの人は確定申告が必要にならないのです。

自営業の人やフリーランスの人は、会社から源泉徴収されることはありません。自分で所得を報告し納税の手続きを行わなければいけないため、確定申告が必要になるということです。

フリーターでも確定申告が必要か確認するには

上で解説したように、多くの場合において、フリーターには確定申告は必要ありません。しかし例外はあり、働き方や会社の仕組みによっては、フリーターでも確定申告が必要になることがあります。

では、フリーターで確定申告が必要かどうかは、どのようにチェックすれば良いのでしょうか。確認する方法は以下の通りです。

バイト先の年末調整の有無を確認する

まず確認すべきは、バイト先の会社の年末調整の有無です。

従業員の税金は会社によって源泉徴収されますが、実はこの源泉徴収の額はおおよその金額となっています。そのため最終的には税金の清算が必要になり、この清算手続きのことを年末調整と言います。

年末調整があれば税金の清算はされているため、問題はありません。しかし会社で年末調整を行っていない場合は、税金を払いすぎているor必要な額が不足している可能性があるということです。そのため年末調整が会社で行われなかった場合は、確定申告することで税金の清算をする必要が出てきます。

ほとんどの会社は、その年の12月には年末調整を行います。しかし稀に年末調整を行わない会社もあるため、年末調整はあったかどうかしっかり確認しておきましょう。ちなみにバイト先に源泉徴収されたままで、年末調整がある前にバイト先を辞めた場合も同じです。

掛け持ちバイトや副業の収入を確認する

掛け持ちでバイトをしている、もしくは副業をしているフリーターも、確定申告には注意する必要が出てきます。

ただ、掛け持ちをしていたら全員が確定申告をしなければならないわけではありません。掛け持ちバイトの収入を計算してみて、その収入が20万円を超える場合は、基本的に確定申告の必要があります。

年末調整は、本業として働いている会社からしか受けられないようになっています。そのため掛け持ちをしている人は、副収入の部分をあわせて確定申告して、税金の清算をしなければなりません。

フリーターの確定申告のやり方・注意点

ではここからは、フリーターが確定申告をするうえで、注意すべきポイントや具体的なやり方を見ていきましょう。

確定申告は手続きできる期間が決まっている

フリーターも自営業の人も、確定申告できる期間は基本的に等しく同じ時期に決められています。時期を過ぎると確定申告はできなくなってしまうため、必ず時期を確認して手続きするようにしましょう。

確定申告の時期は2月中旬から3月中旬になります。アルバイトなどで忙しくしていれば1か月はあっという間に過ぎてしまうため、手順の確認や必要書類の準備などはなるべく前もって行っておきましょう。

確定申告の書類はダウンロードがおすすめ

確定申告は、主に申告書類に必要事項を記入して手続きを進めていきます。確定申告の書類は税務署でももらうことはできますが、国税庁のホームページからダウンロードすることもできるため、基本的にはダウンロードしてそろえてしまうのがおすすめです。

その際、国税庁のホームページには記入例や確定申告の手順が記載されているため、手順はしっかりチェックしておきましょう。初めて手続きをする人は分からないことも多いでしょうから、そういった意味でも早めに手続きを始めることはおすすめです。

フリーターの確定申告に必要なもの

フリーターの確定申告で必要となるものは、主に以下のようなものがあげられます。

・確定申告書
・源泉徴収票
・印鑑
・銀行口座の通帳

源泉徴収票は、フリーターとして働いている、もしくは働いていた会社で稼いだ額、そして源泉徴収された額がわかるものになります。確定申告をする場合は、この源泉徴収票が必ず必要になるため、手続き前には必ずもらっておきましょう。バイト先を既に辞めている場合は、源泉徴収票が欲しいと連絡を入れて、郵送してもらうなどの手続きを頼む必要が出てきます。

掛け持ちフリーターで確定申告が面倒臭いと思ったら

掛け持ちでフリーターをして、稼ぎを増やしている人はやはり多いです。フリーターは一か所の収入だけでは生活が苦しいと感じることも多いため、掛け持ちバイトやネットを通じた副業などを行っている人はたくさんいます。

しかし掛け持ちバイトは確定申告も必要になっていろいろと大変ですし、そもそも2か所で働くというのは心身ともに疲れることです。時間に余裕もなくなってしまいます。

掛け持ちのフリーターで確定申告が正直面倒臭い…と思ったら、やはり何らかの対策は考えた方が良いでしょう。対策としては、以下のようなことがあげられます。

副業や掛け持ちバイトの収入を減らす

副業や掛け持ちバイトの稼ぎを減らせば、フリーターでも確定申告の必要はなくなります。年間20万円以下の稼ぎなら基本的に確定申告の必要はないため、確定申告が面倒臭い…といったストレスはないでしょう。

つまり20万円を超えないように、稼ぎをうまく調整するということです。ちなみに本業のバイトのほかに掛け持ちのバイト、ネットでの副業を他に1つ……といったかたちで収入を得ていた場合、収入源は全部合わせて3か所ということになります。

このとき副収入の20万というのは、本業以外の所得の「合計額」になるため注意してください。掛け持ちバイトで15万円、ネットでの副業で7万円といった所得の場合は、それぞれでは20万円を超えませんが、合計すると20万円を超えてしまうため要注意です。

時給の高いバイトに切り替えて掛け持ちせず稼ぐ

掛け持ちせずにバイトをするといった選択肢も考えたいところです。しっかり年末調整を行ってくれるバイト先なら、確定申告はしなくて済みます。

時給の高いバイトなら、効率的に高い金額を稼ぐことができます。掛け持ちバイトをすればさらにそれ以上稼げるのかもしれませんが、掛け持ちは稼ぎ次第では確定申告が必要になること、時間的余裕が生まれにくいことなどのデメリットが多いです。

当たり前の話といえばそうですが、例えば時給1000円のバイトと時給1300円のバイトなら、稼ぎは大きく変わってきます。時給だけで見れば300円の差も、フルタイムで勤務したときの月収を見ればかなり大きくなり、単純計算でもひと月あたり48,000円も収入に差が出てきます。

フリーターから正社員に就職する道を考える

確定申告が面倒……と思ったら、最終的にはやはりフリーターの状態から就職することもしっかり考えたいところです。実際にいつかは就職するつもりでいると考えているフリーターの人もたくさんいるでしょう。

フリーターの就職は、実はそこまで簡単にうまくいくものではありません。就職しようと思ってもうまくいかないことは意外と多く、年齢が上になればなるほど就職の条件は厳しくなっていってしまいます。そのため、フリーターでいる時間は極力長引かせないことが大切です。

正社員になれば、その後副業を始めて稼ぐようなことがない限り、確定申告は基本的に必要なくなります。所得も増えるため、貯金もできますし、確実に将来に向けてステップアップすることもできます。フリーターでいたときよりは、老後に対しての不安の少なくなるでしょう。税金が払えず悩むようなこともなくなるはずです。

就職する際に仕事の探し方に迷ったときは、ハローワークなどを利用するのがやはりおすすめです。フリーターでもチャレンジできるような仕事は何があるのか、仕事を紹介してもらうきっかけをつかめるでしょう。

まとめ

フリーターでも、人によっては確定申告が必要になるケースがあります。確定申告はフリーターには関係ないものと処理せず、まずは一度、自分は確定申告は必要なのかどうかをしっかりチェックしておきましょう。特に掛け持ちを始めたり、バイト先が変わったりなど、働き方に何らかの変化があったときは要注意です。

正直確定申告するのは面倒臭い……と思ったら、最終的にはやはりフリーターから正社員になって、掛け持ちのことなどは考えない状態にしたいものです。確定申告が億劫で……と悩むようなことがあったら、近いうちに就職することは、ぜひ視野に入れておきましょう。

フリーターの最新記事8件

  • 女性がフリーターでいるメリットとデメリットを徹底解説!

    フリーターのままで仕事をしていくことは、メリットもあればデメリットも伴うものです。女性の場合、このままフリーターだったら結婚とか大丈夫なのかな……と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。フリーターとして生活していく際には、今だけではなく将来のことも見越してメリットやデメリットを考える必要があります。 そこで今回は、女性がフリーターでいるメリットとデメリットを解説していきたいと思います。正社…

  • フリーターから就職を決定づける志望動機の書き方とは?

    フリーターを卒業し、社会人として復帰したいと考える人の多くが頭を悩ませる志望動機はどんな風に記載しようと思いますか? 実は、フリーターから就職したいという場合に書く志望動機には書き方のコツがあります。 そこで本記事では、フリーターから無事に就職することができた人の情報を参考に、フリーターから就職を決定づけることのできる志望動機の書き方について徹底解説していきます。 これからフリーターから就職し、社…

  • 契約社員とフリーターの違いとは?メリット・デメリットを紹介!

    複数ある雇用形態の中から今回は、契約社員という働き方と、フリーターと呼ばれる働き方の違いや特徴について解説していきますね。 契約社員とフリーターの違いだけではなく、それぞれ働くときに感じるメリット・デメリットについても解説していきます。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 契約社員とフリーターの違いとは? 2 契約社員とフリーターの違い【契約社員…

  • 転職エージェントの中でフリーターにおすすめのエージェントを紹介!

    転職エージェントは、今転職をしたいと思っている人にとってとても心強い転職支援サービスです。 転職をしたいと希望すれば、フリーターでも同じ条件で就職活動をし、希望する就職先へ就職することも十分可能です。 自分一人では見つけることのできない優良求人を見つけることができるのも転職エージェントならではなので、フリーターだからこそ転職エージェントを有効活用して転職を成功させちゃいましょう! おすすめの就職・…

  • 【おすすめのバイトはこれ!】フリーターが稼げるバイトを紹介

    フリーターの状態の人は、少しでも楽にそしてしっかり稼ぐことのできるおすすめのバイトを常に探しているのではないでしょうか。 そこで本記事では、フリーターの人が稼ぐことのできるおすすめのバイトを紹介します。 フリーターだからこそ色々な仕事をぜひ体験し、社会経験を積みながら、しっかり稼いでいきましょう! おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 おすすめのバ…

  • フリーターをやめたいと思うタイミングが就職する大チャンス!

    これまでフリーターとして、ひとつの仕事にとらわれることなく、その時にやりたいこと、頑張れることを頑張り、楽しみながら自由に生活してきた人の中には、 「そろそろフリーターをやめたい。」「ちゃんと正社員として働いてみようかな。」 と思う瞬間があるようです。 フリーターをやめたいと思うタイミングは就職する大チャンスとして、そのチャンスのタイミングを逃すことなくフリーターを卒業してみてはどうでしょう。 本…

  • フリーターとパートは働き方や待遇の違いは?どっちがおすすめ?

    働き方には、正社員やアルバイトなどのほかにも、フリーターやパートなどと言われて働く人もいますよね。 そこで本記事では、フリーターとパートは働き方やお給料、待遇など何が違うのかについて解説します。 今までフリーターとパートの違いなど考えたこともなかったけど、何が違うのだろうという人必見です。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 フリーターとパートの…

  • フリーターはローンを組むことはできる?お金を借りるための条件とは

    フリーターという雇用形態で働いている人の中にも、ちょっと大きな買い物をしたい場合や、お金を借りたいという人もいると思います。 しかし、フリーターという不安定な雇用状態では、どんなに頑張って稼いでいたとしてもローンを組むことはできないだろうと諦めている人も少なくないようです。 そこで、フリーターはローンを組むことができるのかどうか、ローンを組む場合はどのような条件があるのかなど、気になることを具体的…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。