フリーターでも社会保険に加入できる?入る条件やメリットを解説! | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

フリーターでも社会保険に加入できる?入る条件やメリットを解説!

フリーターでも社会保険に入れるのかは、仕事を探すうえで気になるポイントになります。社会保険といえば正社員の印象は強いものですが、実は条件次第ではフリーターでも社会保険に入ることは可能です。

健康保険や厚生年金保険など、今後の生活を支えていくうえで大事な社会保障。せっかく仕事をするなら、フリーターでも社会保険に加入できた方が何かと得にはなるでしょう。

そこで今回は、フリーターが社会保険に入るための条件やメリットなどを解説していきたいと思います。

社会保険とは?フリーターでも入れるもの?

フリーターをしていて社会の制度や仕組みなどに無頓着な人は、「そもそも社会保険って…?」と思ってしまう部分もあるでしょう。まずは社会保険というものについて、詳しい概念や特徴を整理していきましょう。

社会保険に含まれるのは5種類の重要な保険

社会保険は、主に病気や事故などのトラブルから暮らしを支えてくれる社会保障制度のことを言います。社会保険には「健康保険」、「介護保険」、「雇用保険」、「労災保険」、「厚生年金保険」…この5つが含まれています。社会保険とはこれらの保障制度を総称しているものとも言えます。

会社に所属している正社員は、基本的にこの社会保険に加入する必要が出てきます。これは企業の規模や業種に関わらず、どんな企業でも同じです。では……そんな社会保険は、フリーターは加入対象になるのでしょうか。

社会保険といえば正社員のイメージだが…

なんとなく社会保険について知っている人なら、「社会保険って正社員が入るものだよね?」といったイメージはやはり持ってしまいがちになります。

結論から言うと、そのイメージは半分あっていて、半分間違っているものになります。というのも、フリーターでも一定の条件を満たせば、社会保険に加入することは可能だからです。

社会保険は重要な社会保障制度の一つですから、加入してその恩恵を受けられるなら確かにフリーターでも加入したいものです。では次からは、フリーターが社会保険に加入する条件を見ていきましょう。

フリーターでも社会保険は加入可能!条件をチェック

実は社会保険は、加入すると、その保険料は会社と折半することになります。つまり半分の額で、あらゆる保障を受けることができるようになるのです。そういった意味でも、社会保険がもたらしてくれるメリットは大きいと言えるでしょう。フリーターでも加入できればありがたいものです。

さらに社会保険に加入していれば、国民年金に上乗せして厚生年金を払っていくため、年金はより多く積み立てることになります。つまり将来もらえる年金は増えるということです。社会保険に加入するメリットは非常に大きいことがわかります。

では、社会保険にフリーターが加入する方法・条件を見ていきましょう。

雇用保険にフリーターが加入する条件

雇用保険に加入していれば、失業したときに手当を受け取ることができます。契約が短期的なものになりやすいフリーターにとっては、雇用保険も大きなメリットのあるものになるでしょう。

フリーターが雇用保険に加入するには、

・1週間あたり20時間以上の所定労働時間
・雇用見込みの期間が31日以上

この条件を満たす必要があります。

健康保険・厚生年金保険にフリーターが加入するには

では続いて、社会保険の中でも重要な要素となる健康保険・厚生年金保険に加入するための条件を見ていきましょう。フリーターが健康保険や厚生年金保険に加入するためには、以下の条件を満たす必要があります。

・1週間あたりの労働時間が30時間以上

もしくは以下5つの条件を満たすこと
・1週間あたりの労働時間が20時間以上
・月収が88,000円以上
・勤務期間が1年以上
・学生でない
・従業員数501人以上の会社か、もしくは、社会保険加入において労使で合意されている従業員数500人以下の会社

つまりある程度の規模の会社で、フルタイムでバイトや派遣で働けば、社会保険の加入条件を満たすことがわかります。

フリーターは社会保険に入れるが職場に渋られることも?

何かと不安定なことがデメリットになりやすいフリーターは、社会保険に加入しておいた方が安心はできるものです。しばらくその職場で働いていくつもりなら、なおさら加入することに損はないものです。

手間がかかることから入れないよう制限している職場も

フリーターで社会保険に加入することを望む人はたくさんいます。しかしはっきり言って、会社にとって従業員を社会保険に加入させるのは少し手間がかかることです。手続きを逐一しなければなりませんし、保険料を折半するのも会社にとっては負担になることでしょう。

会社からしてみれば、「せっかく気軽にアルバイトを雇っているのに、社会保険に加入させるとなるとコストがかさんでしまう……」といった心理もあるのでしょう。そのため、アルバイトなどの非正規雇用の従業員を雇うのにあたって、あえて社会保険に加入させないなどの制限を設けている会社もあるため注意したいところです。

あえて放置して手続きしない会社もあるため要注意

ちなみに、「社会保険完備」なんてうたっているのにも関わらず、あえて放置して手続きをサボっている悪質な会社もあるため気を付ける必要はあります。

上でもお伝えしたように、従業員を社会保険に加入させるのは会社にとってコストのかかることです。正社員ならまだしも、フリーターなら「いつ辞めるかわからないし」といった心理も正直あるでしょうから、あえて手続きしないという状況も出てきてしまうわけです。

社会保険に加入できるはずなのに手続きしてくれない…と思ったら、責任者にまずは確認を取りましょう。それでもまだはぐらかされるようなら、労働基準監督署に相談するなどの対策は取りたいものです。

社会保険に入りたいならフリーターではなく正社員が一番

フリーターでも社会保険に加入することはできますが、最終的に安定した雇用を勝ち取るなら、やはり正社員で就職することは考えたいところです。フリーターで社会保険に加入できればとても安心できますが、最終的な雇用の安定性を得るには、正社員として働く以外にないでしょう。

ではここからは、正社員になると他にどんな利点があるのか、そしてフリーターから正社員を目指すためにはどうすれば良いのかをまとめていきたいと思います。

正社員ならフリーターと違ってあらゆる待遇がよくなる

正社員になれば、あらゆる部分で待遇が良くなります。フリーターでは利用できなかった福利厚生が利用できたり、給料に諸手当がついたりなど、快適に仕事をしていくための高待遇が望めるようになります。

良い待遇で働けば、仕事のモチベーションもアップし、自分のキャリア形成にもつながります。逆に劣悪な環境では仕事もはかどりませんしストレスも溜まる一方でしょう。仕事をしていくやる気は常に下がっている状態で、出世のために頑張ろうという気持ちにはなかなかなれません。

ワークライフバランスが重要とされている世の中において、待遇が良いことは大事な条件です。しかしフリーターままではなかなか高待遇も望めませんので、正社員になれば自分の仕事環境を一変させることができます。

年収がアップすればやれることが増える

フリーターから正社員になれば、当然ながら年収もアップします。そもそもの基本給も正社員の方がフリーターより高いですし、正社員には賞与も出ます。月収自体はフリーターとそこまで変わらなくても、賞与やその他手当などを含めれば、年収には大きく差が出てくるでしょう。

また、正社員は経験を重ねることにより出世し、給料アップにつなげていけることもメリットになります。長く働いて会社に貢献すれば、よほどブラックな環境でない限り、給料アップは望めるものです。

そして年収がアップすれば、やれることの選択肢も増えます。経済力があればマイホームを購入することもできますし、フリーターよりは高い買い物もできるでしょう。子供がいる人は、経済力があれば子供に良い教育を受けさせてあげることも可能になります。

フリーターはやはり収入が低いことから、家賃の低いマンションからなかなか引っ越せなかったり、節約するばかりの毎日でストレスを抱えていたりなど、制限された生活を強いられることも多いです。

まずはハローワークや就職エージェントを利用してみよう

これからフリーターの状態で就職を考えるなら、ハローワークや就職エージェントなどの利用は積極的に考えたいところです。ある程度大人になってから改めて就職を目指すのはなかなか大変なことなので、サポートはできるだけしてもらった方が良いでしょう。

フリーターをしている人の場合、そもそも正社員として働いた経験が少なかったり、もしくは経験ゼロだったりすることも珍しくありません。企業はやはり、そういったタイプの人のことはマイナスな印象で見ることが多いため、就職は不利な状況からスタートになるとは言わざるを得ません。

だからこそハローワークや就職エージェントなどの支援があると、就職しやすくなるのです。売り手市場で狙い目な業界を教えてもらえたり、フリーターでもやる気を見せられるようひたすら面接対策をしてもらったりなど、手厚いサポートを受けることができるでしょう。また、就職について相談すれば、不安に思っていたことも解消されるはずです。

まとめ

フリーターにとって社会保険に加入できることは、大きなメリットになります。将来に対する不安も少なくなりますし、何かあったときの保障が受けられるのも嬉しいポイントです。ただ、フリーターが社会保険に加入するためには一定の条件を満たす必要があるため、今後加入を考えるなら条件はしっかり確認するようにしましょう。

ただ、最終的に仕事や収入における安心感を得たいなら、やはり正社員就職は真剣に考えたいところです。ハローワークなどの就職支援は積極的に利用して、自分に合った就職先をぜひ見つけていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。