実は怖いフリーターの末路とは…バイトしてれば問題ない訳ではない? | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

実は怖いフリーターの末路とは…バイトしてれば問題ない訳ではない?

フリーターの人は、フリーターであることに安心して、時にその怖い「末路」に目を向けていないことがあります。

バイトや派遣で仕事をしていれば、とりあえずはフリーターでも問題ないだろう…ととらえている人は意外と多いのではないでしょうか。確かに現在は生活費もなんとかなっているかもしれませんが、そのままフリーターを長く続けてしまうと、その末路は思っているよりも悲惨なものです。

そこで今回は、フリーターの危険性やその末路について詳しく解説していきたいと思います。

フリーターの末路は怖い?長い間就職しないのは危険?

フリーターであることは、長期的に見るとやはり好ましいことではありません。フリーターの末路は本人が感じている以上に意外と怖いもので、実際にその末路を辿ってしまう人は多いです。

就職しないことは、本人にとってさまざまなマイナスなことを引き起こします。気が付いたときには、フリーターだったせいで生活のあらゆる面が不利に……ということは多いものです。

フリーターになるなら、もしくは今フリーターを続けているなら、その末路の恐ろしさをしっかり認識したうえで、今後の身の振り方をよく考える必要があります。フリーターであることの危険性やその末路については後述していきますが、就職はなるべく早めに考えた方が賢明でしょう。

フリーターの末路は怖い!ニート・引きこもりになりやすい?

では、フリーターの末路はどんな点が怖いのでしょうか。まず一つ目の怖さとしてあげられるのは、フリーターはニートや引きこもりになりやすいという点です。

フリーターを経てニート化する人は多い

フリーターは非正規でも仕事をしている分、ニートとは大きく違います。フリーターでも自分の生活費はしっかり稼いでいる、貯金もしている、親に仕送りもしている……そんな人も確かにたくさんいるでしょう。

ですが、フリーターからニートになるといった末路を辿る人は意外と世の中に多いです。というのも、フリーターはやはりフリーターである以上、仕事が安定しないからでしょう。実際にバイトや派遣の契約更新をしてもらえず、仕事に困り、いつの間にかにニートになってしまった…という人は少なくありません。

また、フリーターという時点で、そもそも週に数回しか働いていない人もいるでしょうし、そうなると一般的な社会人とは少し違った生活スタイルになることも多いです。そんな社会から若干一線を画した生活が、ニートになる末路を辿る原因になるのかもしれません。

ニートの後に待ち受けるのは引きこもり…?

フリーターからその後ニートになってしまうと、結果として最終的には引きこもりがちになる人も多いです。仕事をしていない気まずさや後ろめたさから部屋に引きこもるようになり、ますます就職するチャンスを失ってしまう…そんな状況に陥る人は少なくありません。

フリーターの後にニートになり、そして最終的には引きこもりになる…そんな怖い末路を辿らないためには、ニートになったとしても早めに仕事を探すことが肝心になります。

中年の引きこもりが社会問題となっている現代

近年は、引きこもりになる人の高齢化が社会問題になっています。40代、50代で引きこもりになる人は実は決して珍しくなく、老親に生活の面倒を見てもらいながら生活する中高年は意外とたくさんいます。

フリーターからニート、そして引きこもりになり、引きこもりになって何年も経過すれば、仕事をしないまま年齢を重ねていく…そんな末路を辿ることになります。引きこもりになって中年になっても働けない…そんな末路に陥りたくなければ、やはりフリーターやニート、引きこもりを続ける恐ろしさをしっかり知っておく必要があります。中年で引きこもりニートになれば、孤独死ももはや他人事ではなくなります。

フリーターの末路は怖い!結婚もまともにできない?

フリーターの末路は意外ととても恐ろしいものです。それは上のように引きこもりやニートになること以外にも、生活のさまざまな部分でマイナス部分を経験することになるからです。

フリーターの多くは、なかなか結婚を決めることができません。同年代の正社員をしている人と比べれば結婚に困ることは多く、年齢を重ねても、結婚したいのに独身のまま…というフリーターはたくさんいます。

フリーターは収入や貯蓄の面から結婚に困ることも多い

では、フリーターはなぜ結婚できないという末路を辿ることになるのでしょうか。一番の問題となるのは、経済力の問題です。

フリーターは仕事が安定しておらず、仕事で得られる収入も比較的低いです。そのため経済力に信頼がないという理由から、特に男性は、良い人が見つかっても結婚を拒否されてしまうことは多々あります。

やはり誰だって信頼できる人、経済的に安定している人と結婚したいですし、少しでも経済力に不安要素があれば結婚はためらってしまうものです。フリーターを長く続けていると、結婚できず一生独身…そんな悲しい末路を辿ることになる可能性があります。

ニートや引きこもりになればますます結婚は遠のく

もしフリーターを長く続けていたせいで、最終的にニートや引きこもりになれば、結婚はますますできなくなっていきます。

ニートや引きこもりは社会とのつながりが薄いため、異性と出会うことがそもそもできません。もし出会いがあったとしても、ニートや引きこもりはフリーターよりもさらに信頼に欠けるため、結婚はまず無理と考えて良いでしょう。

結婚したいなら、結婚できず困る末路を避けるため、フリーターはやはり長く続けるべきではありません。

フリーターの末路は怖い!能力・信用が低いとどうなる?

フリーターは、正社員として働く人と比べて、社会的な能力や経験、信用が低い傾向にあります。結婚できないという点でもふれてきましたが、長い間フリーターをしていると、社会人として求められる平均的な経験値や責任感、そして経済力が低くなってしまいます。

フリーターをしているその時は、確かにその不利なポイントは実感しづらいかもしれません。しかしフリーター期間が長いと、信用が低いことであらゆる生きづらさを感じることが出てきて悩む…そんな末路を辿ることになります。

フリーターは社会人としての経験値が低く責任感が育たない

フリーターは、一般的に見て、社会人として必要な経験値が少ない傾向にあります。それは正社員として働いてきていないため、自立した考え方・行動ができないことが多いからです。

フリーターである以上、上から支持をもらって決められたことだけをするアルバイトしかしてきていない人は多いでしょう。そうなると、年齢を重ねていたとしても、リーダーシップや企画力、プレゼンスキルなどは当然上がっていきません。

大事なことをやり遂げなければならない、目標を達成しなければならない、新人を一人前に育てなければならない…そんな責任を負うこともないでしょう。だからこそ、現実として、フリーターには責任感が欠けていることが多いのです。

そのため、フリーターしかしてきていない人は、同年代の正社員の人と比べると、どこか子供っぽく幼稚な考え方・性格が目立つことがよくあります。大人としていい年齢なのにも関わらず、つい周りの人に甘えてしまう、自発的な行動ができない…そんな末路を辿ってしまうフリーターは多いです。

フリーターは就職したくても仕事を見つけにくくなる

フリーターは、バイトさえしていればいつかは就職できるわけではありません。本人がその気になって就活しなければなかなか就職はできないでしょうし、本気で就活したところで、すんなり就職先が決まることが約束されているわけでもありません。

なぜならフリーターは、上でもお伝えしたような能力の低さや責任感のなさからイメージが悪くなることも多いため、企業に採用してもらえないことありがちだからです。せっかく人員を増やすのですから、企業だって能力と信頼のある人を採用したいでしょう。

特に30代以降のフリーターは就職に困りやすい傾向にあります。年齢を重ねれば応募できる求人は減っていきますし、フリーターでも受け入れてくれる企業も減っていくでしょう。フリーターを長く続けていると、就職したくてもなかなかできない、そんな末路に悩まされることになります。

フリーターはローンや賃貸物件の審査に通りにくい

フリーターの社会的信用の低さは、ローンや賃貸物件の審査などにも響いてきます。フリーターということは、仕事の安定性が低いこと、給料が低いことなどが不利なポイントになります。正社員と比べて経済的な信用に欠けることは間違いないでしょう。

そのためローンの審査や賃貸物件の入居審査をクリアできないなどの不利益を受ける場合があります。ローンが組めない、保証人を立てないと物件に入居できないことなどは、確かに日常的に常に困ることではありません。ですが肝心な時に「しまった…しっかり就職していれば良かった」と感じるポイントになる可能性は高いです。

フリーターの末路が怖いと言われるのは、こういった社会的信用の低さから、不利益を受ける場合があるからです。正社員であれば経済的に安定しているのは間違いありませんし、ローンや賃貸物件の審査は通りやすい傾向にあります。

まとめ

フリーターにとって、自分の末路は想定しているよりも怖いものです。もちろん途中で就職をすれば問題はありませんが、フリーターの期間が長引けば長引くほど就職はしづらくなります。それもフリーターの末路の一つでしょう。フリーターの恐ろしい末路を経験しないためには、やはり早めに就職を考えなければならないでしょう。

就職せずにフリーターでいることに悩みや不安を感じたら、今後そのままでいたらどんな末路を辿ることになるのか、よく考えてみることが大切です。まずは「このままではマズイ」という現実としっかり向き合って、就職に向けて気持ちを前向きに持って行きましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。