既卒でも上手に就活できる!インターンシップの上手な活用方法

既卒というのは第二新卒と比較すると就活がなかなか困難だという特徴がありますが、インターンシップを上手に活用すれば希望する企業への就職も夢ではありません。

既卒の人は大学や高校・専門学校を卒業して以来正社員として働いた経験がないわけですから、新卒と比べるとどうしても不利な条件に甘んじなければいけないわけですが、個人のスキルややる気によっては条件の良い職場に就職することも不可能ではありません。

インターンシップの機能とメリットをよく理解し、上手に活用して既卒でも快適な就活ができるように努力してみましょう。

おすすめの就職・退職代行サービス

既卒にはなぜインターンシップがおすすめか

既卒というのは学校を卒業してから一度も就職したことのない人のことを指します。

第二新卒であれば大学や専門学校・高等学校を卒業した後すぐに新卒として就職し、3年程度の経験を積んでいますから転職時にも仕事を探しやすいのがメリットですが、既卒となると事情は少し違ってきます。

雇用する企業の側としては、研修の済んでいる第二新卒なら雇ったとしても新人教育にかかる費用をある程度節約できますが、既卒となると一から教育しなければならないため、積極的には既卒を採用していないというのが現状です。

このため、既卒で有利な就職をしたいと思っている人はインターンシップなどを活用して希望に叶った企業に採用してもらうことが大切になってくるわけです。

学生時代に就活を十分に行わなかった人、理想通りの企業に出会えなかった人、みんなと同じように就活をして内定はもらったけれども勤める段階で内定を放棄してしまった人などが既卒者となるわけですが、自己実現をするためには何らかの形で就職することが必要です。

「既卒の就活は難しい」というニッパのイメージを覆すためには、インターンシップなどを利用して積極的な就活を展開することが大切です。

インターンシップとは

インターンシップは「就学体験」または「就労体験」とも呼ばれていますが、要するに試しに働いてみることができる制度のことをいいます。

学生既卒者であればインターンシップに参加することができますが、お客様情報などの機密情報の漏洩を防ぐために、企業によっては体験型のプログラムを用意して実施する企業も増加しています。

インターンシップに参加したからといって必ずしもその企業に就職できるということではありませんが、中には有利な条件を得られる企業もありますので、既卒で就活が困難だと感じた人はインターンシップを試してみる可能性はあります。

インターンシップが採用に直結しているわけではない

インターンシップは基本的に採用活動ではないとみなされているため、既卒者がインターンシップに参加したとしてもこれが採用に直結するわけではありません。

とはいえ、インターンシップに参加しておけば参加者に対しては採用セミナーの告知が優先的に行われる、あるいは選考プロレスに若干の違いがあるなどといった特典があることも確かですから、機会があれば参加しておく方が有利です。

既卒者は第二新卒と違って、現在正社員として勤務しているわけではありませんから、時間を上手に活用してインターンシップに参加するのは悪いことではありません。

インターンシップのメリット

インターンシップのメリットのひとつは、職場の雰囲気がつかめることにあります。

インターンシップであれば現場で業務に携わることができるので、どんな人が一緒に働いているのか、どんな雰囲気のもとに働けるのかが実感できます。

また、インターンシップに参加しておけば職業履歴にその事実を記入できるのも大きなメリットです。

既卒の人は正社員として働いたことがなく、社会人としての経験が皆無であるかほとんどないことが採用の段階ではネックとなっていますが、インターンシップに参加することによって職業履歴に箱をつけることができます。

職務経歴書にもインターンシップで身につけたスキルを書くことができますから、学校を卒業して以来定職についていない人はぜひ体験しておきたい経験ということになります。

インターンシップでは社会人としての最低限のビジネスマナーを学べることもメリットの一つとなっています。

既卒というと社会的な常識がない、ビジネスマンとしての教育を受けていないというイメージが強いものですが、インターンシップに参加していればまったく未経験の人よりも高い評価を受けることができます。

既卒におすすめのインターンシップ情報

インターンには有給と無給の2タイプがありますが、既卒で就活している人には有給のインターンが断然おすすめです。

時給は1,000円前後が相場ですが、既卒でも問題なく参加することができますので、就活で行き詰まっている既卒者はぜひ活用してみることをおすすめします。

インターンシップ情報を得るためにはインターン求人メディアを活用するのが一番です。

効率よくインターンシップ情報を探せるサイトをピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。

長期インターンシップ求人案件が豊富な「キャリアバイト」

「キャリアバイト」というのは(株)アイタンクジャパンが運営している長期有給インターンの情報サイトです。

キャリアバイトでは職場見学ができる長期のインターンシップ求人や大手企業への内定者を多数出しているインターンシップなども多数扱っていますから、既卒がキャリアを積んでいくのにも最適です。

インターンシップとして参加できる業界も金融からIT/ソフトウェアと幅広いので、好みに応じて選択することができます。

インターン活躍実績が300人以上のPR・コンサルティング会社では土日のみや月1の参加もOKですから、既卒でアルバイト業務に携わっている人でも無理なく参加することができます。

キャリアバイトで紹介しているインターンシップ夜中には仲間同士が集まってプロジェクトを立ち上げていくような感覚の案件も多いので、自分の価値を確認しながら仕事に参加していくことができるのもインターンシップのメリットといえます。

既卒の就活も有利に運べる「ゼロワンインターン」

「ゼロワンインターン」は国内でも最大級のインターンシップ募集情報サイトで、長期インターンに特化した案件を広く紹介していることで人気があります。

ゼロワンインターンなら超有名企業からベンチャー企業まで、幅広いジャンルでのインターン案件を見つけることができますからぜひ登録しておくことをおすすめします。

ゼロワンインターンの使い方は簡単で、まずやってみたいインターンを見つけて応募し、採用されたらマイページから初出社日の報告を行います。

この手続きをしておくと、初出社日から3ヶ月経過した時点でインターンシップ先の社長の推薦状を書いてもらえることになります。

それだけではなくて社長の推薦状を見た企業からスカウトを受けることもできますから、インターンシップに参加しながら効率よく就活をすることができます。

ゼロワンインターンの会員登録はもちろん無料で、「インターン無料相談会」も開催されていますので気楽に登録してみることをおすすめします。

エンジニアとして働きたいのであれば「ガイアックス」も要チェック!

既卒とはいってもエンジニアとしての知識があり、将来そのスキルを伸ばしていきたい場合には「ガイアックス」を活用してインターンシップに参加するのもいいアイディアです。

ガイアックスでは学年は一切不問で社会人・既卒でもインターンシップに応募することができ、クオリティの高い経験を得ることができます。

ガイアックスでに登録すればインターンシップの案件を紹介するだけではなくて、アントレプレナー育成プログラムを受けることもできますから、将来に向けてキャリアをアップしていきたい人には最適です。

既卒が就活で成功するためには特定の分野に特化したスキルがあることが大切ですが、エンジニア系の知識があれば新卒や第二新卒に負けずに内定を得ることも不可能ではありません。

「キャリアインターン」

パソナグループの一員である「キャリアインターン」もインターンシップ案件を探しやすいことで人気があります。

エンジニア系のインターシップはもちろんのこと、「キャリアインターン」にはベンチャー企業のインターンシップ情報も多数掲載されていますから、大勢の中に埋もれて働くよりは中小企業で頭角を表したい人は登録しておいて損はありません。

インターンシップ情報は転職サイトでも得られる

インターンシップ情報は転職サイトでも得ることができますから、常にアンテナを張り巡らせておいて有益な情報を流さないようにしましょう。

転職サイトとしては大手の「リクナビ」では好条件のインターンシップ情報を提供していますから、興味のある季節者は定期的にチェックするといいでしょう。

「既卒者積極採用コース」を設けている企業もありますから、最短で就職したいのであればインターンシップを大いに活用することが重要です。

まとめ

インターンシップに参加するの最大のメリットは、実際に就職をした時のミスマッチを防ぐことにあります。

「面接ではいいと思ったのに実際に働き始めてみたら予想していた職場とは違った」といった勘違いはよくあることですが、インターンシップで職場の現状をよく学んでおけば後悔することもありません。

インターンシップといっても有料で働くことができますから、将来の正社員雇用に繋がらない飲食店などでアルバイトをするよりはインターンシップに参加してスキルを積む方が圧倒的に有利です。

既卒者ということで今一つ就活に拍車がかからない人は、ぜひインターンシップに参加して活路を見出してください。

既卒の最新記事8件

  • 上手な就活とは? 【既卒者におすすめの転職サイト4選】

    就活は真面目にしているつもりなのになかなか仕事が見つからないと悩んでいる既卒者は多いものです。 既卒者が条件の良い企業に就職するためには転職サイトを活用するのがおすすめですが、転職サイトにはそれぞれ傾向や特徴がありますから、自分に適したサイトを選ぶことから始めなければなりません。 既卒者に特化した転職サイトをいくつかピックアップしてみましたので、参考にしてぜひ就活を成功させてください。 おすすめの…

  • 就活エージェントは既卒の強い味方

    就活エージェントで仕事を探す人は年々増えていますが、特に既卒者と第二新卒でエージェントに登録する人の数の伸びにはめざましいものがあります。 既卒者というのは高校や大学・専門学校などを卒業してから1〜3年の間に一度も就職をしたことがなく、かつ現在就職先を探している人のことを言いますが、正社員として働いた経験がなく、アルバイトやフリーターをしている人も既卒者と呼ばれることも多いようです。 既卒者は企業…

  • 既卒でも上手に就活できる!インターンシップの上手な活用方法

    既卒というのは第二新卒と比較すると就活がなかなか困難だという特徴がありますが、インターンシップを上手に活用すれば希望する企業への就職も夢ではありません。 既卒の人は大学や高校・専門学校を卒業して以来正社員として働いた経験がないわけですから、新卒と比べるとどうしても不利な条件に甘んじなければいけないわけですが、個人のスキルややる気によっては条件の良い職場に就職することも不可能ではありません。 インタ…

  • 既卒の就活に強い!【おすすめエージェント3選】

    既卒者の就活は第二新卒と比較すると難しいと言われています。第二新卒とは違って一度も正社員として働いた経験がないことが既卒者のネックになっていますが、エージェントを活用すれば条件のいい企業の内定を得るのも不可能ではありません。 大学や専門学校を卒業してからブランクのある人でも、将来に向けて専門分野の勉強に勤しんでいる人は少なくないものです。 他の人が持っていない何かしらのスキルがある、得意の専門分野…

  • 職歴なしの既卒でも成功するポイントとは?

    就活サイトやエージェントを活用して就職をする人が増えていますが、既卒でしかも職歴なしの人にとっては採用状況はそれほど楽観できるものではありません。 既卒者の定義は「高校・大学・専門学校を卒業してから一度も就職をしていない人」のことですから、既卒の人は基本的に職歴なしということになります。 職歴なしの人でも就職できる職場はもちろんたくさんありますが、できるだけ高収入で条件の良い求人案件を見つけたいと…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。